読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moving Castle (動く城) について調べている

気になっていた Moving Castle について調べたことをまとめていく。

いったい何なのか

Pigeons and Planes というサイトの次の記事によれば Moving Castle は Robokid, AObeats, Hunt for the Breeze, Manila Killa によって2013年冬ごろに結成された音楽活動を中心とした集団 (Collective)で、特定の場所ではなくインターネットを拠点としている。日本の映画・文化・音楽に影響を受けているらしい。

pigeonsandplanes.com

DOPE MAG の次の記事によると、Moving Castle という名前は「動く城」というロゴにもあるように「ハウルの動く城」(Howl's Moving Castle) から取られているらしい。宮崎駿が好きなようだ。 dopemag.co

所属しているメンバーは地域というか国も様々で、アメリカ・オランダ・オーストラリア・ベルギー・カナダとさまざま。インターネットが拠点というだけある。

以降追記予定

所属しているメンバー

グッズ

オフィシャル

インタビュー記事など

theinterns.net

www.bassfeedsthesoul.com

soulsinaction.com

調べている

SoundCloud で漢字で「動く城」と書かれたジャケ写の曲が Repost (Twitter でいう リツイートに相当)されて気になったのをきっかけに聴き始めて Moving Castle 所属のアーティストを聴き続ける日が続いたのが半年前。この時の認識は Flying Lotus の作った Brainfeeder のようなアーティスト主体でクラブイベントを主としたレーベルだと思っていた。 しかし、袖に「動く城」と書かれたすごいTシャツの画像が Twitter に投下されたりして困惑するときもあったし、新しいコンピレーションが発表されて気に入った曲を作ったのが日本人(Qrion さん)だとわかったりして、興味を持ち、いったいぜんたい何なのよと思っていた。いつかちゃんと調べようと思って数ヶ月が経ってしまったので、不完全でもいいので調べたことを書き留めておくことにした。

結局のところ、Moving Castle というのは、マルチネレコードのようなネットレーベルではなく、Collective と呼ばれる集まりだということがわかった。レーベルのレーベルメイトの部分。服飾・ファッション・その他にも進出していて「レーベルと呼ぶことは好まない」と設立した人が言っているようなので別の呼び方を日本語で考えると「サークル」とか映画の「XX組」とかが近いのだろうか。

インターネットを拠点とするこの集団にとって、主たる発表の場は SoundCloud だろう。だからこそレコード・CDといった単位での楽曲の提供を由来とする「レーベル」という言葉に違和感を持っているのかなと思う。

この Collective に所属するアーティストの曲は、コンピレーションを聞くと何か似たものを持っている感じがある。brostep, chill out, LA Beats, Jersey club らへんがあっての音楽だと思う。気になったらぜひ SoundCloud から聴いてみてほしい。